AGA治療薬情報センター

AGA治療薬って発毛効果があるの?

錠剤

AGA治療薬って本当に発毛効果があるの?

AGA(男性型脱毛症)は、男性らしい身体を作るために必要な男性ホルモンが影響していると言われています。

髪の毛が育つ毛根内の毛母細胞の分裂を阻害してしまうためです。

また、症状が現れる年代は、40代を過ぎた頃からが多いと言われていますが、早い人では20代から薄毛が始まってしまう人もいます。

症状が出始め、若くしてAGA(男性型脱毛症)に悩んでいる方も多いです。

この悩みを解決させる方法としては、AGA治療があります。

具体的には、服薬治療となります。

また、頭皮の血流を阻害する原因となりますので、禁煙や脂質の多い食事を減らす、運動不足を解消するなど、生活習慣を併せて見直していくことが推奨されていいます。

内服薬は、「ミノキシジル」と言う発毛効果のある薬と、「プロペシア」と言う抜け毛を予防する効果のある薬が処方されるのが一般的です。

薬を飲むだけで薄毛が改善されるか不安を覚える人が多いと思いますが、実際にAGA治療に成功し、薄毛が改善されている人も多くいます。

薄毛が気になったときが、治療を始める初期のタイミングになりますので、出来るだけ早く受診することをおすすめします。早く始めるほど改善するのも早くなります。

薬を飲むタイミングは決まってはいませんが、できるだけ同じ時間帯に飲むことで、体内への作用が均一化されると言われています。

多めに早く飲めば効き目が早く出るということでもありません。

副作用の心配が増えるだけですので、用法・用量はしっかりと守りましょう。

副作用としては個人差があるのが現状です。

まったく感じない人とすぐに体調が悪くなってしまう人もいます。

具体的な症状として見られる副作用は、肝機能障害があります。

「ミノキシジル」と「プロペシア」は肝臓で吸収される薬ですので、負担がかかります。

過度の飲酒などで肝臓の機能が弱まっている人は、余計に負担を与えてしまうため、肝機能障害が起きてしまうのです。

次に低血圧の副作用が観られます。

「ミノキシジル」には、血圧を下げる効果がありますので、もともと血圧が低い人は、集中力が欠けたり、ボーっとしてしまうこともあります。

AGA治療の副作用として、多毛症になることも観られます。

薬は髪の毛だけに作用するのではなく、全身の毛根に作用しますので、髪の毛の伸びるスピードが速くなるだけではなく、腕や足、胸や背中などの体毛も濃くなることがあります。

発毛効果は、かなり高い治療法になりますが、専門医の指示をしっかり守って続けることが必要です。

↑ PAGE TOP