iPhone5の機能を予測してみた

日本で最初にスマートフォンが発売されました。iPhoneというもので最初は、今までに良くあった電子手帳の機能の延長線上にあるものであると思っていましたが、全く違っていたことに驚いたものです。画面を直接、指で触れて操作をするというインターフェースでした。指の動作如何によって、画面のスクロールや画面の移動、ズームイン、ズームアウト等が出来るようになっている画期的なものでありました。小学一年生でも操作が出来るようになっているのです。


ですから、直感的なインターフェースの開発という意味において、偉大な功績であったことは間違いありません。それから、iphone4、iphone4S と割とハイピッチに発売されてきました。ユーザにも大人気の様子です。そして、iPhone5が発売されようとしています。林檎印の企業のファンにとっては、すぐにでも我が物にしたいと考えているでしょう。それでは、iPhone5の機能について予測をしてみようではありませんか。


一つ目、高速なプロセッサーを積んでいるでしょう。他の製品でもクアッドコアCPUを載せています。このことから、iPhone5にも更に上級のCPUチップが載せられるかも知れません。二つ目、より薄く持ちやすくなるような工夫をしてくるでしょう。三つ目、次世代の高速モバイル帯域を使用した製品になるでしょう。四つ目、G社のようにA社もワイヤレスの支払いシステム機能を持たせてくるかもしれません。A社は、新技術にすぐにとびつくタイプの企業ではないのですが、可能性はありえると言えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone5の機能を予測してみた
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]